最近、仕事以外の本読みました?

忙しいと、すぐに役立つ知識ばかり仕入れがち。なかなか仕事以外の本を読む時間が取れなかったりしませんか。

でも毎日メールは読んでますよね

じゃあそのメールで本が読めたらどうでしょう。1〜3分程度のメールが1通増えるだけなので大丈夫。あなたならきっと読めます。

せっかくなら教養になる名作を

名前は知ってるけど読んでなかった名作、青空文庫にはいっぱいあります。普段自分では選ばない本を読めるのもいいものです。

本当に文豪からメールが届きます

メールの送信者名がその作品の文豪になっているので、たのしい気分になります。
Gmailだとアイコンもいい感じになっているかもしれません。


たとえば、1年でこれだけ本が読めます

1日3分のメールを読み続けるだけで、1年ではこれだけの作品を読むことができます。(あくまで一例なので、実際に配信する内容とは異なります)

  • 芥川龍之介「藪の中」
  • エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  • 新美南吉「ごん狐」
  • 坂口安吾「堕落論」
  • 太宰治「ヴィヨンの妻」
  • 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
  • フランツ・カフカ「断食芸人」
  • 森鴎外「高瀬舟」
  • 夏目漱石「夢十夜」
  • 中島敦「山月記」
  • 泉鏡花「外科室」
  • 林芙美子「風琴と魚の町」
なんでメールで本を読むの?

我々現代人は、ウェブ上の短文に慣れて、どんどん長文を読めなくなっています。そこで、小説も普段よく読む長さのコンテンツに分割することで、読みやすくしてみました。またメールチェックという普段の行動に紛れこませることで、より自然に続けられる仕組みを目指しています。行動科学的な感じです。

どんな人におすすめ?

忙しくて本が読めない人。スキマ時間はついついスマホを見てしまう人。ネットの短い記事に慣れて長文が読めなくなってしまった人。でも、本を読みたくないわけじゃない人。そんな人はぜひ試しください。

1日3分でどんな本が読めるの?

1日3分でも、月では90分の読書時間になります。そして青空文庫には、それくらいで読める短中編も多数収録されているのです。過去の配信履歴は今後 公式ブログ に残していきますので、詳しくはそちらもご参照ください。

料金

基本機能はすべて無料で利用できます。
有料版の提供も検討しておりますので、機能要望などあればお気軽にお問い合わせください。

FREE

¥0/月

  • 毎月届く作品は、編集部がセレクトします。
  • 月の途中で登録した場合、作品の途中から届き始めます。
  • メール内に広告が掲載されたり、広告メールが配信されたりします。

ブンゴウメールに登録する(無料)

月の途中で登録した場合、月末まで作品の途中から配信されます。
公式ブログ で追いつくか、翌月初に次の作品が始まるのをお待ちください。


メールアドレス登録(無料)

よくある質問


登録したけどメールが届かない

お使いのメールソフトによっては、自動で迷惑メールフォルダなどにはいってしまう場合があります。 特にGmail携帯キャリアアドレスをお使いの場合にフィルタされるケースが多いようです。

公式ブログに対応方法をご案内しておりますので、メールが届かない場合はこちらを参考にご設定お願いいたします。 それでも届かない場合は運営までお問い合わせください。

公式ブログ「ブンゴウメールからメールを受信できないケースと対応方法について」

メール配信を解約したい

登録いただいているアドレスから、以下のアドレスにに空メールを送信することで、いつでも解約することができます。

[email protected]
(リンクをクリックするとメーラーが起動します)

また毎日配信されるメールの最下部にも同様のリンクと案内を記載しておりますので、不要になった場合はいつでもご解約ください。

月の途中で登録したので、それまでの話がわからない

過去の配信分は、 公式ブログ にすべてログとして記録されています。月途中で登録した場合は、公式ブログをご確認いただければ追いつくことができます。

もちろん青空文庫にもすべて掲載されていますので、そちらでお読みいただいても結構ですが、全部読んでしまうと楽しみが減ってしまいますのでお気をつけください。

どうしてもメール以外の手段で読みたい

ご安心ください。そんなあなたのためにRSSフィードを配信しています。 そのままRSSリーダーで購読したり、Slackなどに連携して読むこともできますね。
RSSフィード

また同じ内容を公式ブログにも配信していますので、もちろんこちらで購読いただくことも可能です。
公式ブログ

次に配信される作品を選びたい!

申し訳ありません、ブンゴウメールは現在全員で同じ作品を読み進めるスタイルになっているため、配信作品を選ぶことはできません。

今後有料版として、好きな作品を好きなペースで配信できる機能の実装も検討しています。もしご興味をお持ちの場合は、以下フォームから事前登録いただければ、サービス開始時に優先的にご案内いたします(ご案内時に購入を強制するものではありません)。
作品選択機能の事前登録フォーム


また、通常版での今後の配信候補作品はスプレッドシートで公開され、誰でも作品を追加できるようになっています。 配信を約束するものではありませんが、もし読みたい作品があればぜひ追加してみてください。
配信候補リストについて

みんなの感想

ハッシュタグ「#ブンゴウメール」をつけて感想をつぶやこう!


メディア掲載